特殊清掃が必要になる場合

孤独死が増えているということですが、私がもし今突然死したら、 誰がいつ見つけてくれるのか気になりました。 親類がいないわけではないのですが、一人暮らしで、 親兄弟とは毎日連絡を取っているわけではありません。


もし今突然死したら、おそらく最初に異変に気付くのは会社です。

しかし、一日無断欠勤をしたからと言って、直接家まで様子を見に来るとは思えません。

色々あって、家族に連絡がいくのは一週間位かかるかもしれません。


それから何かおかしいと家族が家の扉を開けると・・・。

あまり想像したくないですね。


死体は放置期間が長いと腐敗して、すごい異臭を放つそうです。

後片付けや清掃も、一般の業者ではなく特殊清掃員が行います。


特殊清掃員とは、自殺や孤独死で、部屋で亡くなった後の清掃を行う清掃員です。

お金もかかるし、清掃員の方にも迷惑がかかります。

その手配をするのも家族なのかなと想像すると、複雑な気分になりました。


何かあった時に困らないように、普段家族と連絡を取っておくことは大事だなと思います。

実家の親も結構な年だし、片方がいなくなったら一人暮らしになってしまいます。

そうなったら一緒に住むことも検討しないといけないかもしれません。


私は親と同居でも問題ないのですが、仕事の都合上親にこっち側に来てもらうようになってしまいます。

長年住んでいる家を出るのには抵抗があると思いますが、 いざという時にはそういう話もしないといけません。


いざという時どうなるのだろうと考えた時に、家族がいないって寂しいなあとしみじみ思いました。

両親と兄弟が健在なのが救いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━

【依頼するには?】

特殊清掃を依頼するにはどのようにすればいいのでしょうか?

エバーグリーンなら、特殊清掃を専門的に行っている会社です。

すべてお任せ出来ますので、安心ですね。 → http://evergreen-is.com/


2014年4月7日
運営者の情報を掲載しました。


2014年4月7日
特殊清掃は大変ですの記事を追加しました。


2014年4月7日
特殊清掃業者の実力を追加しました。


2014年4月7日
特殊清掃の需要を追加。


2014年4月7日
孤独死が増えていますを追加しました。


2014年4月7日
特殊清掃が必要になる場合を掲載しました。


2014年4月7日
ようやくウェブサイトが完成しました。